眠れない夜やリラックスしたい日に!ノンカフェインカモミールチャイ

こんばんは!チャイ研究家のながやです。

chamomile08

  • 寝付きが悪い
  • 眠気が起きない
  • 興奮して落ち着かない

このようなお悩みでなかなか良い睡眠が取れないという方にお勧めの「カモミールを使った優しいアレンジチャイのレシピ」をご紹介します。作りやすい一人分のレシピです。

カモミールチャイのレシピ

材料
  1. カモミールティー:市販のティーバッグ1袋またはハーブを小さじ1~2
  2. カルダモン:2粒
  3. クローブ:2粒
  4. シナモンスティック:1/4~1/2本
  5. 水:約150ml
  6. お好みのミルク類(牛乳、豆乳など):150ml~
  7. お好みの甘味料:お好みで
  8. ナツメグパウダー:お好みで調整(なしでもOK)

chamomile00

前準備として、カモミールのハーブそのものを使う場合はお茶パックなどに小さじ1〜2を入れて口を閉じておく。

chamomile03

すり鉢とすりこぎ、もしくはフライパンの腹などを使ってスパイスをつぶす。

※細かくつぶすほど味や香り、成分が出やすくなります。つぶしにくい場合は、軽くフライパンや鍋で乾煎りするとつぶしやすくなります。

chamomile05

つぶしたスパイスと水150mlを鍋に入れて火にかける。

chamomile06

沸騰してきたらカモミールティーを入れて4~5分ほど煮出す(火加減は強めの弱火か弱めの中火)。

※スパイスやカモミールの香りをしっかり感じたい方は長めに煮出してください。

vhamomile07

煮出し終えたら、お好みの甘味料(はちみつの場合は最後に加える)と牛乳もしくはお好みのミルク150mlを加える。濃厚なチャイがお好みの方はやや多めに、軽い仕上がりがお好みの方は少なめに調整する(※1)。

ミルクを加えたら、強めの弱火から弱めの中火で煮出す。豆乳や植物性のミルクの場合は分離しやすいので火加減は弱めに調整する(※2)。

4~5分ほど煮出し、ナツメグパウダーを2,3振りほどお好みで加えて、全体を軽く混ぜて火を止める。

ティーバッグを取り出し、茶こしでこしながらカップに注いで完成。お好みでさらにナツメグパウダー振ると優しい甘い香りが楽しめる。

※1.お好みでしょうがのスライスやすりおろしたものをお好みで加えるとよりスパイスの効いたチャイに仕上がります。
※2.長く煮出すとより濃厚に仕上がります。

カモミールチャイの栄養話

カモミールはハーブの中でも特に強いリラックス・精神安定・興奮抑制効果があるといわれています。そのため、リラックス・ストレスの緩和・睡眠の質の向上が期待できます。

シナモンは香り成分に精神安定・ストレス緩和・リラックス効果が期待できるスパイスです。また、血行を促進して体を温め、睡眠を促す効果があるともいわれています。

牛乳に含まれるトリプトファンは精神安定につながるアミノ酸です。メラトニンというホルモンに変わって睡眠を促します。2つのハーブ&スパイスに牛乳が組み合わさると、より高い安眠・精神安定・ストレス緩和につながるはずです。

さらに、ナツメグは精神安定・リラックス効果がスパイスの中では特に高いといわれているので、ほんの少しでも効果を高められるかもしれません。ナツメグは牛乳などの乳製品と相性が良く、優しい甘さのある風味がチャイをさらに穏やかな優しい味わいにしてくれます。

この他に、カルダモンが脳の疲労改善の効果が期待されていたり、クローブの抗酸化作用が脳の炎症を抑制してストレスへの抵抗性を高めるといわれていたりします。

このアレンジチャイは、仕事・人間関係・家事などでストレスがたまっている方や心のお悩みをお持ちの方に特にお勧めしたいです。

一緒に紅茶を煮出しても美味しくお召し上がりいただけますし、カップに注いだ後に少しだけはちみつを加えるとさらに心が落ち着くチャイになることは間違いありません。

味も香りも通常のチャイより優しく、飲みやすい仕上がりなので、アレンジに挑戦したい方はこのチャイから挑戦してみても良いかもしれません。

友だち追加

ライター

ながやりょう
ながやりょう
チャイ研究家

栄養療法アドバイザー。自分の不調を栄養療法を通して改善していく中で出会ったチャイのおいしさ、効果の幅広さ、奥深さに魅了される。
以来、ハーブやスパイスについて勉強しながら「美味しく体と心に効くチャイ」を目指してオリジナルチャイやスパイス料理の研究を行っている。