『彩膳中華 杏ZU』でいただく本格薬膳フルコースディナー【名古屋・丸の内】

こんばんは! ズボラ調理師のあすかです。

国際薬膳調理師の資格を持つ店主が、中医学の考えに基づいた料理を提供する『彩膳中華 杏ZU』で、本格薬膳中華のフルコースディナーをいただいてきました。

スポンサーリンク

杏ZUのメニュー

ランチは、麺または日替わりプレートです。前日までに予約をすれば、薬膳弁当のテイクアウトもできます。

メニューの詳細

ビーガンやグルテンフリーに対応しており、前日までの予約で五葷(ごくん)も抜いてもらえます。

※ビーガン(+150円)、ビーガン・グルテンフリー(+200円)、五葷抜き(+200円)、グルテンフリー・五葷抜き(+300円)

五葷(ごくん)とは

ニンニク・アサツキ(または玉ねぎ)・ニラ・ネギ・らっきょうなどの、辛み・臭気・成分の強い野菜を指します。性欲や怒りを避ける仏教の思想に基づいた考えです。

夜はアラカルトとコースがありますが、店主のおすすめはコース料理です。

料金は3,500円、4,000円、5,500円の三つです。この日は4,000円のコースをいただきました。

前菜3種盛り

左から、「三河ポークの黒酢団子「わかさぎの南蛮漬け」「ホタルイカのマリネ」です。料理ごとに店主が説明をしてくださいます。

程よく酸味の効いた前菜に食欲が増します。温かいものは温かいままで、冷たいものは冷たいままで提供していただけます。

肉団子は揚げたてに温かいあんが絡んでおり、最初の一皿から丁寧な料理に期待が高まりました。

はまぐりと新たけのこと菜の花のスープ

あっさりとしたスープで、プリプリのはまぐりが美味しいです。人参がツバメの形にカットされていて、旬の食材と視覚で春の訪れを感じさせてくれます。

春巻き

春巻きは、かじると熱々の濃厚なあんがあふれてきます。びっくりするのは、全てビーガンの材料で作られていることです。言われないと分かりません。

三河ポークの回鍋肉

周りにあしらわれているピンクのソースはデーツです。

薬膳料理は「苦い」「食べにくい」などのイメージを持たれる方が多いです。しかし、『彩膳中華 杏ZU』の料理はあっさりとしていて丸みのあるうまみがあるので、特に女性は喜びそうです。

青のりとヨモギの中華がゆ

青のりの香りがしっかりとしており、スルスルと入っていきます。最後にしょうがの爽やかさが抜けるので、締めにピッタリでした。

サンザシのパンナコッタ

デザートは「宝石杏仁豆腐」「羅漢果のムースとゼリー」「季節限定デザート」の中から選べます。

杏仁豆腐と季節限定デザートで迷いましたが、季節限定デザートの「サンザシのパンナコッタ」がこの日で最後と聞き、パンナコッタを注文しました。

サンザシを初めて食べたのですが、東洋版アセロラと言いましょうか、キュッとした酸味がありました。美肌効果が期待できるそうです。

お茶はホットのルイボスティーです。カフェインレスへのこだわりに、最後まで体への配慮を感じました。

「全ての方に食卓を楽しんでもらう」「添加物、化学調味料、白砂糖不使用」をモットーにお料理を作られています。この心意気も相まって、おいしさが倍増します。

他のお客様が注文していたパフェが美味しそうだったので、次回はお茶とデザートで利用したいと思います。

彩膳中華 杏ZUの店舗情報

最寄り駅は地下鉄桜通り線国際センター駅です。2番出口を出て、名古屋駅のビルを背中に直進し、橋を渡って左折します。2分ほど歩くと右手に見えます。地下鉄鶴舞線丸の内駅の7番出口からも5分程度です。

木造のこぢんまりとした引き戸をあけると、店主の男性がにこやかに迎えてくれます。カウンターが5席、テーブル席が10席です。

天然塩やこうじを使って料理にうまみを出しているそうで、店内で販売もされていました。

  • 店舗情報:彩膳中華 杏ZU
  • 住所:愛知県名古屋市中区丸の内1-11-28 田中屋ビル101
  • 電話番号:052-201-2700

    食べログ彩膳中華 杏ZU(口コミはこちらでチェック)
    Facebook@anzu69

    ランチカフェディナーおひとりさま友人とデートテイクアウトOKビーガン対応グルテンフリー予約OK

最新記事&イベント情報をお届けします

スポンサーリンク

ライター

あすか
あすか
食いしん坊のズボラ調理師

【ライター契約終了】
食いしん坊のズボラ調理師。名古屋を中心に食べ歩き。
楽して栄養とってなんぼでしょ!と日々レシピ開発しています。