行列カレー店デリーでカシミールランチ!国産米が合う不思議な世界【銀座のインド・パキスタン料理専門店】

デリー銀座店にて念願のカシミールカレーをいただいてまいりました。

カシミールより辛さが少ないインドカレーを上野店で食べたことがありまして。「ひぃっ」となるのに不思議とクセになる味で、冷めると意外に入っていくという不思議なカレーに魅了されました。

行列覚悟の上野店はゆっくりできない店内なので、ゆっくりと食事ができるスタイルの銀座店でカシミールにチャレンジしました。

デリー銀座店の平日ランチ

インドカレーと言えばパパド。デリーのパパドはシンプルな味でした。

デリーのタンドリーチキンは美味。行くならぜひとも食べていただきたい一品です。

通常のインド料理店で出されるタンドリーチキンも好きですが、なんというか全くの別物でして……。ソースがなんとも言えないおいしさを醸し出しています。

私は大好きなラム、相棒はチキンでお願いしました。

「ひぃっ!」⇒「くぁ〜っ!」に変化。でも、冷めるごとに入っていきます。

激辛は苦手ですが、このカレーだと入ってしまうので不思議です。唐辛子の辛さではなく、スパイスの辛さだからでしょうか。

じゃがいもの入ったカレーは好きじゃないですが、こちらのじゃがいもは煮込まれていないからホクホクしておいしいです。

デリーのカレーは国産米に合うように作られているのですが、今回はあえてバスマティライスを使用したサフランライスで食べてみました。

結論。デリーのカレーは素直に国産米で食べるべきでした。

インドカレーはインド米の方が合うのに、デリーのカレーはジャポニカ米の方が合う。かといってスープカレーとは全く違うのが不思議なところ。さすが、「日本の米に合うインドカレー」を追求しているだけありますね。

相棒はチーズクルチャで食べていました(やっぱりご飯がいいとのこと)。

デザートには卵を使わない牛乳だけのアイス「クルフィー」をいただいたのですが、これがまたなんともクセになる味でした。食感はシャーベット。

ミルク味を想像して口に入れたら、ミルク味じゃなかったです。

2人で「なんだろう?どこかで食べた味」と……。「駄菓子っぽい」から始まり最終的には「八ツ橋の味だ!」に!

私はニッキかなと思ったのですが、相棒が「カルダモンだろ」と言い出し、調べたら本当にカルダモンでした。カルダモンっぽさはゼロなんですけどね。

このアイスはナッツペーストを使うのが主流だそうですが、デリーのは不使用です。だから、とってもサッパリで口の中が天国になりました。私にはちょっと甘すぎましたけど。

狭い店内でワシャワシャと食べるのもいいですが、落ち着いた店内の銀座店でゆっくりと味わうのもいいです。

デリーのカレーは、辛さが少ない表示のメニューでも体がポカポカしてきます。並んでまで食べたくなる人が多いのもうなずけます。

デリー銀座店の店舗情報

最寄りの駅は東京メトロ有楽町線の銀座駅です。徒歩で6分ほど。JR有楽町駅からも10分程度で行けます。

店内は落ち着いた雰囲気なので、上野店の常連さんだと驚くでしょう。上野店は男性向き、銀座店は女性向きといったところでしょうか。

メニューが豊富で、リッチなコース料理・デザート・今月のカレーなどがあります。女性を連れて行くなら絶対に銀座店です。

  • 住所:東京都中央区銀座6-3-11 西銀座ビル3F
  • 電話:03-3571-7895

食べログデリー 銀座店(口コミはこちらでチェック)

ランチディナー友人とデート女子会子連れOKお酒ありコースあり宴会・誕生会・サプライズOK完全禁煙(スモーキングルームあり)

ライター

あんどうちえ
あんどうちえ
食育アドバイザー

元介護福祉士で、「楽しく、おいしく、健康的な食事をしよう!」をモットーとする“楽食べ”を伝えている食育アドバイザー。
ファンキーな栄養素』を運営中。23年来のスガマニアです。