山芋と花椒のレシピ クセ強箸休め

おはようございます! 楽食楽生クリエイターのちえです。

花椒が好きな人のための、簡単でクセが強い山芋の箸休めレシピをご紹介します。

スポンサーリンク

山芋と花椒のレシピ

材料(作りやすい分量)
  • 山芋:200g程度
  • 赤じそふりかけ:小さじ1/2〜
  • 花椒:適量(このレシピでは小さじ1/2 + 追い花椒)

軽く炒った花椒をすり鉢またはミルでしっかりとすりつぶす。パウダーの花椒でもよい。

ポリ袋に山芋を入れ、すりこぎ棒などで適当な大きさにたたく。

※大きさはランダムのほうが美味しいです。

赤じそふりかけと花椒を入れて、粘りが出るまで揉む。

小鉢に盛って完成。

※花椒が好きな方は、追い花椒もおすすめです。

コショウと同じくらい気軽に花椒を使用する

花椒はコショウやサンショウとは違う実です。

和食に使われることはほとんどありませんが、痺れるような辛さが味を引き締めてくれるので合います。味の主張が少ない野菜類との相性が非常に良く、香りが高いのでリラクゼーションにも向いています。

パウダーでも売っていますが、香りが飛びやすいので粒の状態で購入することをおすすめします。ミルに入れておけば、コショウの感覚でいつでも振りかけられます。

スープやポテトサラダなど、コショウの代わりに味の引き締めとして使うといいでしょう。いつもとは違う風味の料理が楽しめます。

年末年始で暴飲暴食をしてしまった方は、1月中は胃腸の調子がいまいちという方も多いと思います。山芋は胃腸を整える食材ですし、花椒もさまざまな薬理作用を持つスパイスです。とても簡単な箸休めなので、1月中の副菜に取り入れてみてください。

スポンサーリンク

ライター

あんどうちえ
あんどうちえ
楽食楽生クリエイター

楽しく食べて楽しく生きれば、心も体も楽になる! こんなスタンスで、食事の大切さや楽に楽しく生きる方法を伝える楽食楽生(らくしょくらくしょう)クリエイター。
ファンキーな栄養素』を運営中。25年来のスガマニアです。