本格ネパール料理のマティナダイニングでボリューム満点ランチ【阿佐ヶ谷】

おはようございます! 楽食楽生クリエイターのちえです。

Instagramで話題になっていたので、阿佐ヶ谷にできたネパール料理専門店『マティナダイニング』のランチをいただいてきました。

スポンサーリンク

マティナダイニングのランチメニュー

4種のセットメニューと単品メニューがあります。単品を組み合わせて食べられるので、たくさん食べたい方にはうれしいランチメニューかもしれません。

普段はインド料理推しなので、実はダルバートは初体験です。種類が豊富なマティナセットを選びました。

ダルは豆スープで、バートはご飯です。日本の定食で言うみそ汁とご飯に当たります。

ご飯は少なめで、足りないと思っていたところに「お変わりはどうですか」の悪魔の一言が! 「少しだけお願いします」と伝えたら、オーバル皿にこんもりと盛ってきてくださって、少し構えてしまいました。追加したい分量だけを盛り付けてくださったのでホッとしましたが……。

左上から時計回りに、「マトンカレー」「野菜カレー」「デザート、トマトの漬物、ギー(奥から順に)」「ダル」です。

マトンは骨付きでアッサリした味わいのカレーでした。マトンのにおいが残っているので、臭みが気になる人は食べられません。好きな人にはパラダイスです。

野菜カレー(ジャガイモと豆)はマトンカレーよりも塩味が強めです。ベースがマトンと同じなのか、マトンの苦手な人が食べるとつらい様子でした。

デザートのヨーグルトはマンゴージャム入りです。特筆すべき感想はありません。

トマトの漬物と書かれていますが、辛みが強いチャトニです。カレーはスープに近くてほとんど辛みがないため、途中で味に変化をつけるのにちょうどいいですが、入れ過ぎると火を噴きます。

別添えのギーは、脂質の少ないカレーにプラスすると変化が楽しめます。北インドカレーのようなこってりなカレーが苦手な人は、入れずに最後までアッサリで楽しむといいでしょう。

ダルは非常に優しい味わいで滋味深いです。そのまま飲んでも美味しいし、ご飯やカレーと混ぜて食べても美味しいです。

左上から時計回りに、「ジャガイモといんげんのタルカリ」「ムラコアチャール(大根の漬物)」「サグブテコ(青菜炒め)」「グンドゥルック(乾燥青菜)」です。

よく見ると、メニューにタルカリは書いておりませんでした。ネパール料理の名前を知らないので、見落としていました。カレー粉炒めのようなおかずです(味は非常にマイルド)。

ムラコアチャールの「ムラ」は大根のことだそうです。単品で食べても美味しいですが、福神漬けのような感覚で混ぜるとさらに深みが出てカレーがおいしく生まれ変わります。うまい表現が見付かりませんが、シャキシャキ野菜のカレー粉和えみたいな漬物です。

サグブテコはただ炒めただけのほうれん草といった印象でした。特筆すべき点はありません。

グンドゥルックは乾燥青菜を使用したアチャールで、戻し足りない乾燥青菜のおかずという感じです。戻し足りない乾燥青菜のおかずという感じでした。辛みと酸味がしっかりしていて、カレーの味変アイテムにピッタリです。

記憶が曖昧ですが、20代の頃に食べたことがあるモモもオーダーしました。ネパール版の水ぎょうざです。モモだけで食べると、ちょうどいい塩味とスパイス感があります。

ソースは2種類ありますが、つけずに食べるのが一番美味しいと思いました。手前は甘みそのようなソースで、奥の赤いソースは激辛です。

ドリンクは、ホットのマサラティーをお願いしました。実に甘い! 好きな人にはたまらない甘さでしょう。

ランチメニューとは別にドリンクメニューが用意されているので、その中からソフトドリンクが選べます。

ドリンクメニュー
  • 烏龍茶(コールド)
  • 緑茶(コールド)
  • マサラティー(ホット/コールド)
  • コーラ
  • ジンジャーエール
  • オレンジジュース
  • グレープフルーツジュース
  • マンゴージュース
  • プレーンラッシー
  • マンゴーラッシー

本格的なネパール料理をいただいた感想は、ひとことで言えば「優しい」です。体が弱っている時に食べるとちょうどいいかなと思いました。

インドカレーやスリランカカレーと比べると、スパイシーさがマイルドに感じます。しかし、スパイスは存分に使われているので、香りや刺激はなくとも体はジンジンと温まります。

マティナダイニングの店舗情報

最寄り駅はJR阿佐ヶ谷駅です。南口を左手側に出て、マクドナルドのある路地を10mくらい歩くと右手側に黒い看板が見えます。左手側に阿佐谷ホープ軒があります。

入口は狭く見えますが、店内は広くて100席ほどあります。座敷もあるので、小さなお子様がいても安心です。広めの個室もあります。

ダルとバートのおかわりが出来るせいか、男性客率が非常に高いです。ネパールの方も多くいらっしゃってます。

ランチは一般的なネパール料理ですが、ディナーだとネワール民族の料理も楽しめるようです。

ランチでもオーダーできるチョイラは「焼いた肉をスパイスと和えた料理」で、スクティは「干し肉をスパイスと炒めたもの」です。次回はメインを麺類にして、肉料理をオーダーしようと思いました。

  • 店舗情報:マティナダイニング
  • 住所:東京都杉並区阿佐谷南2-16-9 2階
  • 電話番号:03-6312-5352

    食べログマティナダイニング(口コミはこちらでチェック)

    おひとりさま友人とデートランチディナー貸切・宴会OKテイクアウトOKUber Eatsありベジタリアンメニューあり飲み放題ありネパール料理

最新記事&イベント情報をお届けします

スポンサーリンク

ライター

あんどうちえ
あんどうちえ
楽食楽生クリエイター

楽しく食べて楽しく生きれば、心も体も楽になる! こんなスタンスで、食事の大切さや楽に楽しく生きる方法を伝える楽食楽生(らくしょくらくしょう)クリエイター。
ファンキーな栄養素』を運営中。25年来のスガマニアです。